AI on LINE bot by GAS

その他

連絡用 Bluesky
ホーム > AI on LINE bot by GAS

このページでは、Google Apps Script を用いて GPT、Gemini 及び Claude を搭載した LINE bot を作る方法を説明しています。

【機能一覧】

  • #GPT」「#Gemini」「#Claude」で、会話に使用する AI の切り替え。
  • 文頭に「続き)」を付けることで会話を継続。(例:続き)もっと詳細に教えて
  • 文頭に「昔話!」のように付けることで、スプレッドシートの「system」シートにあらかじめ登録したシステム指示を実行(Gemini モードは未対応)。(例:昔話!きのこ
  • 文頭に「画像)」で画像の処理モード。(例:画像)何ですか?画像を送信
  • 文末に「(厳密」「(創造」で temperature を指定。通常 0.5、厳密 0、創造 1。(例:3行で小噺を作って(創造
  • #保存」で、一連の会話内容をドキュメントに保存。
※ GPT、Gemini、Claude のモデルは、それぞれ「GPT-4o-mini」「Gemini 1.5 Flash」「Claude 3.5 Sonnet」を使用しています。

【作り方】

Google Apps Script を用いて LINE bot を作成します。また、データベース代わりとして Google スプレッドシート、過去ログとして Google ドキュメントを Google ドライブ上に作成します。
事前に、LINE Messaging API チャンネルの作成とアクセストークンの取得。及び、GPT(OpenAI)、Gemini、Claude の API キーの取得を行ってください。
作成手順は以下の通りです。

  1. データベース代わりに利用するスプレッドシートを作成。こちらから「ファイル」→「コピーを作成」。
  2. 過去ログとして会話内容(ドキュメント)を保存するフォルダを作成。
  3. 新たな Google Apps Script プロジェクトを作成。こちらからスクリプトのコードをコピー後、スプレッドシートとフォルダの ID 部分を書き換え(それぞれ、1、2の手順で作成したもの)。
  4. プロジェクトの設定で、LINE Messaging API のアクセストークン、GPT(OpenAI)、Gemini、Claude の API キーをスクリプト プロパティとして定義。プロパティ名は、それぞれ「Line_key」「OpenAI_key」「Gemini_key」「Claude_key」とします。
  5. プロジェクトをウェブアプリとして公開後、URL を LINE Messaging API チャンネルで Webhook として設定。
更新情報
  • GPT の使用モデルを「GPT-4o-mini」に変更しました。(2024-7-19)
  • 使用できる AI に Claude を追加しました。(2024-6-24)
  • 公開しました。(2024-6-20)