AI データ分析

Google Apps Script ライブラリ

お知らせ用 Bluesky
ホーム > AI データ分析 GAS ライブラリ

【ライブラリの説明】

スプレッドシート上のデータの分析を AI(GPT)に手伝ってもらう GAS ライブラリです。(GPT を使用するため、OpenAI の API キーが必要となります)

【スクリプト ID】

1kwJbmRU1hKumO3I_HeO2leId8SiTojKsdZOx5DsYTUWrqkrenj9OEq3W

【ライブラリの追加方法】

  1. ライブラリの追加から上記スクリプト ID を入力して「検索」を押下
  2. バージョンを選択、任意の ID を指定して「追加」を押下
※ バージョンは最新のもの、もしくは「HEAD(開発モード)」を指定してください。

【使い方】

リファレンスはこちら

スクリプトの実行方法は、以下の通りです。

ライブラリの追加の際に指定した任意の ID.aiAnalysis(スプレッドシート ID, シート名, データ範囲, OpenAI の API キー, [システムプロンプト, ユーザープロンプト, 使用するモデル(default: gpt-4o), 生成する文章の最大トークン数(default: 4096), 生成された文章のランダムさ(default: 0.5)]*任意)

戻り値として GPT による回答を返します。


以下は、test という ID でライブラリで読み込んで使った場合のコード例になります。

function myFunction() {
    const spId = "スプレッドシート ID";
    const shName = "シート名";
    const dataRange = "A1:C3";
    const key = "OpenAI API キー"

    Logger.log(test.aiAnalysis(spId, shName, dataRange, key));

    // 任意の設定
    /**
    const system = ""; // システムプロンプト
    const user = ""; // ユーザープロンプト
    const model = ""; // デフォルトは gpt-4o
    const max_tokens = 1024; // デフォルトは 4096
    const temperature = 0; // デフォルトは 0.5

    const specified = [system, user, model, max_tokens, temperature]

    Logger.log(test.aiAnalysis(spId, shName, dataRange, key, specified));
     */
}
    
更新情報
  • ライブラリを公開しました。(2024-5-27)